貴乃花親方の処分 1月4日の臨時評議員会で確定

2017年12月28日 18時33分

会見する池坊保子委員長

 日本相撲協会評議員会が28日、東京・両国国技館で行われ、理事会から提案された貴乃花親方(45=元横綱)の理事解任について話し合う臨時評議員会を来年1月4日に開催することを決定した。

 池坊保子議長(75)は、この日の評議員会で危機管理委員会の高野利雄委員長から貴乃花親方の理事解任に関する説明を受けた上で「全会一致で評議委員会の招集を決議した」と語った。また、理事会から提案された処分について意見を求められると「私は議長の立場であり、評議員の一員でもある。今この場で個人の意見は差し控えたい」と語るにとどめた。

 1月4日の臨時評議員会で貴乃花親方の処分が確定する。