貴乃花親方が相撲協会の聴取に合意 八角理事長「弁明を聞いて処分を判断」

2017年12月20日 18時24分

相撲協会の聴取に合意した貴乃花理事

 元横綱日馬富士(33)が秋巡業中に幕内貴ノ岩(27=貴乃花)を暴行した事件を受けて20日、東京・両国国技館で日本相撲協会の臨時理事会が開かれた。

 八角理事長(54=元横綱北勝海)、貴ノ岩の師匠の貴乃花理事(45=元横綱)らが出席した会合は午後1時から始まり、約1時間半で終了。午後4時過ぎから始まった記者会見では、協会の危機管理委員会による「元日馬富士関に係る事件に関する調査結果報告書」の要旨が公表された。

 高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)から事件の詳細な経緯が報告されるなか、被害者の貴ノ岩を19日午後7時から同委員長が聴取していたことが明かされた。同日、貴乃花親方が協会に弟子の聴取に応じる旨を伝えてきたという。これまで弟子の聴取を拒否してきた貴乃花親方が姿勢を変えたのは「警察の方から応じても差し支えないと言われた、いうことだった」(高野委員長)。

 一方、焦点となっていた貴乃花親方の処分は持ち越しとなった。巡業部長として秋巡業中に起きた暴行事件を速やかに協会に報告しなかったこと、11月30日の理事会で警察の捜査が終了した後に貴ノ岩の聴取に協力すると確約していたにもかかわらず、18日までに聴取できなかったことで「これらの対応が及ぼした影響は小さくなかった」(報告書)とした。しかし、同親方への聴取が済んでおらず「本日の段階では評価しません」(高野委員長)。貴乃花親方は聴取に合意しており、早急に聴取を行うという。

 これを受けて八角理事長は「次回の理事会までに貴乃花親方の弁明を聞いて処分を判断する」とした。なお、臨時理事会は28日に行われることになった。