貴乃花親方と相撲協会“解釈の違い”判明で混迷

2017年12月14日 16時30分

報道陣に囲まれた鏡山理事は不機嫌そうに貴乃花部屋を後にした

 日本相撲協会と貴乃花親方(45=元横綱)の対立が泥沼化している。元横綱日馬富士(33)が幕内貴ノ岩(27=貴乃花)に対する傷害容疑で書類送検された問題で、相撲協会の危機管理部長の鏡山理事(59=元関脇多賀竜)は13日午後2時過ぎ、東京・江東区の貴乃花部屋を訪問。インターホンを3度押しても応答がなかったため、郵便受けに文書を投函して引き揚げた。

 協会側は13日に貴ノ岩への事情聴取を行うことを2日前の11日に貴乃花部屋に書面で通達していた。しかし、協会が設定した時間までに貴ノ岩は現れず、すっぽかされた格好。鏡山理事は「今日が貴ノ岩の聴取の日だったので(貴ノ岩が来るのを)待っていた。来ないということは意思表示でしょう」と不満をあらわにした。

 この日に投函した書面では、貴乃花親方に貴ノ岩の現在の状況や病状を回答するように求めたという。危機管理委の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)は11月30日の理事会で、警察の捜査終了(書類送検)の時点で貴乃花親方が協会の聴取に協力する意向を示したと説明していた。一方で、貴乃花親方は検察による処分が出るまでは協力しない意向を12日に文書で協会側に伝達。両者の“解釈”の違いが明らかになった。

 ただ、貴乃花親方が検察の処分後に本当に協力するかどうかも、現時点では不透明だ。角界関係者の間には「素直に協力するとは思えない。また別の理由をつけて断るのでは」との見方もある。いずれにせよ、20日に予定されている理事会で今回の暴行問題の最終報告を取りまとめることは困難な状況となっている。

 今度の理事会では日馬富士の師匠の伊勢ヶ浜親方(57=元横綱旭富士)の監督責任や、巡業部長である貴乃花親方が秋巡業中に起きた暴行事件を協会に報告しなかった点などについて、処分が下される可能性もあるが…。一連の騒動の最終的な着地点は見えないままだ。