日馬富士 暴行直後にも“品格に欠ける行動”証言浮上

2017年11月29日 11時05分

引退を決めた日馬富士

 幕内貴ノ岩(27=貴乃花)に暴行を加えた問題で引退を決めた横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)の新たな“品格に欠ける行動”が明らかになった。29日放送のTBS系「ビビット」が“問題の夜の行動”を伝えた。

 秋巡業中の10月25日、貴ノ岩は鳥取市内の飲食店で行われた鳥取城北高校の卒業生を励ますという趣旨の会合に参加。出席した男性によれば、途中からモンゴル出身の3横綱(白鵬、日馬富士、鶴竜)が参加し「3時間くらい飲んだが、まったくトラブルはなく、みんな笑顔だった」という。

 日付が変わり、26日になった2次会の席で暴行が行われた。その後、午前2時30分ごろ、「女性と手をつないで、笑顔で歩く白鵬らを見かけた」と男性が証言。

 また、飲食店勤務の女性は白鵬から「お姉さん、一緒に飲みましょうと誘われた」という。すぐに断ると、今度は日馬から「飲みませんか」と誘われ、断ろうとすると日馬は「自転車に乗りたい」と言いだした。「乗れるんですか?」と聞いた女性から奪い取るような形で、自転車をこぎ始めた日馬は草履が脱げた状態で運転して、5メートルほど進むとゴミ置き場でバタンと倒れたという。

 女性が心配して「大丈夫ですか」と声をかけると、日馬は「あなたが乗っていいって言ったから、転んだのはあなたのせいですよ」と言い放ち、「『飲みに行きますよ』って手を引かれ、飲食店に連れて行かれた」というのだ。女性は「席には着かずに店を出た」と話した。

 いずれも一方的な証言ではあるが、MCの国分太一(43)は「3横綱の合流は何らかの意図があったのでしょうか」と問いかけると、真矢ミキ(53)は日馬が自転車で転倒して女性を誘ったことに「新手のナンパかもしれません」と残念がった。さらにVTR出演したスポーツライター・玉木正之氏(65)は「声をかけただけで横綱の品格は最低ですよ。横綱審議委員会で別件で捉えられていい問題」とコメントした。