• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > 【日馬富士暴行】疑問だらけの診断書に新事実 「相撲に支障なし」なのに貴ノ岩はなぜ休場?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【日馬富士暴行】疑問だらけの診断書に新事実 「相撲に支障なし」なのに貴ノ岩はなぜ休場?


部屋を出る貴乃花親方

 横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)が10月の秋巡業中に幕内貴ノ岩(27=貴乃花)に暴行を加えた問題で17日、日本相撲協会は“新事実”を公表した。

 この日、相撲協会の危機管理委員会は大相撲九州場所を休場した貴ノ岩側が提出した診断書について、作成した病院の医師に診断根拠などのヒアリングを行った。

 提出された診断内容は「(1)脳振とう(2)左前頭部裂傷(3)右外耳道炎(4)右中頭蓋底骨折、髄液漏れの疑い」で「全治2週間」と記されていた。病院の担当医師による説明は以下の通り。(4)の「頭蓋底骨折」と「髄液漏れ」は、ともに「疑い」である。精密検査で骨折線とも考えられる線が確認されたが、過去の衝撃が原因で生じた可能性もあり、今回の傷害と因果関係は不明。実際に髄液が漏れた事実もない。

 いずれにせよ「全治2週間」は暴行を受けた10月26日から11月8日までの2週間という意味であり、11月9日の時点で相撲を取ることを含めて仕事に支障がないと判断し、退院とした。貴ノ岩の病状に現状は問題がないという認識。「当病院としても、重傷であるように報道されていることに驚いている」とした。

 実際、貴ノ岩は暴行を受けた後も秋巡業の取組や稽古をする姿が確認されている。病院による認識が「相撲を取ることに支障がない」であるにもかかわらず、なぜ貴ノ岩は九州場所を休場することになったのか。

 日馬富士が警察による任意の事情聴取を受ける中で明るみになった新たな疑惑。師匠の貴乃花親方(45=元横綱)は、いったいどんな説明をするのか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【東スポ×競馬ラボ】ニコ生で「有馬記念」予想バトル
本紙・舘林&松浪記者と大魔神・佐々木、アンカツ、麒麟・川島が激論!

【ウインズ川崎】本紙・舘林と稲富菜穂が「全日本2歳優駿」展望トーク
2歳ダート最強馬決定戦「全日本2歳優駿」(13日、川崎競馬場)の注目馬はこれだ!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
ばんえいオークス(3日=帯広競馬場)

12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はSGグランプリ(住之江)&GIクイーンズクライマックス(大村)

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!