全日本力士選士権トーナメント出場も…稀勢の里のケガの状態は?

2017年09月30日 16時30分

 左上腕などの負傷で大相撲秋場所を全休した横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)が29日、茨城・笠間市の笠間稲荷神社で横綱土俵入りを披露した後で取材に応じ「朝から晩まで相撲のことを考えていた。復活しようと毎日毎日やっていた。しっかり15日間相撲を取れるようにする」と再起への意欲を語った。

 九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)に向け、休場中は四股といった基礎運動などで調整。10月2日の全日本力士選士権ではトーナメント戦へ出場するとした。

 5月の夏場所から3場所連続休場。ケガの状態について、7月の名古屋場所時と比べ「何倍も良くなった。あとは筋肉を戻して感覚を戻せば、いい相撲が取れる」と説明。10月5日からの秋巡業では「なるべく土俵に上がっていきたい」と相撲勘の回復を図る意向だ。

 3横綱2大関が休場した秋場所は一人横綱の日馬富士(33=伊勢ヶ浜)が逆転優勝。稀勢の里は「さすが横綱という感じだった。諦めずに素晴らしかった」とたたえた。自身は初土俵以来、初めて全休し「なかなか(テレビ中継を)見ることもないので、違う刺激をもらった。自分もあそこでやるだけ」と表情を引き締めた。