辛勝の日馬に「稽古足りない」

2013年01月14日 11時30分

<大相撲初場所・初日(13日)>横綱日馬富士(28=伊勢ヶ浜)は小結栃煌山(25=春日野)に“辛勝”。師匠の評価は厳しかった。

 日馬富士は立ち合い突き放しにいくも、栃煌山に突き返されて後退。なりふり構わず相手の顔面を張り、最後は何とか寄り切った。九州場所は終盤に5連敗を喫し、わずか9勝止まり。進退場所と言われる初日に敗れれば、横綱の連敗記録に並ぶところだった。

 日馬富士は取組後「連敗を止めた? 全然そんなことは考えていない。一日一番。それだけ」とコメントしたが、勝ったとはいえ相撲内容は盤石と言えるものではなく、大事な今場所の先行きに大きな不安を残す初日となった。

 師匠の伊勢ヶ浜親方(52=元横綱旭富士)は「自分から見たら(場所前の)稽古が足りない。ああいう成績じゃ『いかん』と思っているだろうし、横綱だったら自分で考えて行動するのが当たり前。自分で修正してやっていくしかない」と指摘し、あえて愛弟子を突き放した。

 最低でも10勝がノルマとなる日馬富士。横綱として失った信頼を自らの手で取り戻すことはできるのか。