• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > 【大相撲秋場所】一人横綱の日馬富士 2敗で早くも正念場

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【大相撲秋場所】一人横綱の日馬富士 2敗で早くも正念場


北勝富士(手前)に寄り切られ、日馬富士はまさかの2日連続金星配給

 大相撲秋場所4日目(13日、東京・両国国技館)、横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)が、平幕の北勝富士(25=八角)に寄り切られて2日連続の金星配給。取組後は「昨日は昨日、今日は今日。明日は明日。(場所は)まだ始まったばかり。気持ちを切り替えて明日の一番に備えるだけ。頑張ります」と必死に前を向いた。
 
 日本相撲協会の八角理事長(54=元横綱北勝海)は「流れが悪い。昨日の負けを引きずっている。“今日はいい相撲で”という意識があった」と指摘する。前日3日目は立ち合いが不成立と勘違いして自ら力を抜き、一方的に寄り切られる“大失態”を演じたばかり。横綱として名誉を挽回したい意識が逆に空回りしてしまった格好だ。2敗目を喫して優勝争いからも大きく後退した。
 
 今場所は昭和以降では初めて3横綱が初日から休場する中、一人横綱としての責任を一身に背負う。八角理事長は「苦しいだろうが、ここから気持ちを立て直して。もちろん(横綱として場所を)締めてくれなければ困る。集中してやるしかない。2敗で諦めることはない」と奮起を促したが…。
 
 さらに星を落とすようであれば優勝どころか、大相撲史上初めてとなる「4横綱休場」がいよいよ現実味を帯びてくる。ここから意地を見せられるか、正念場だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!