【大相撲】稀勢の里が大逆転V 新横綱での優勝は貴乃花以来

2017年03月26日 18時14分

優勝決定戦で照ノ富士(下)を小手投げで下した稀勢の里

 大相撲春場所千秋楽(26日、大阪府立体育会館)、横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が13勝2敗で並んだ大関照ノ富士(25=伊勢ヶ浜)を優勝決定戦で下し、2度目の優勝を飾った。

 劇的な大逆転Vに観衆が大熱狂だ。新横綱は13日目の日馬富士(32=伊勢ヶ浜)戦で左肩を負傷。休場確実とみられたが、左肩をテーピングして強行出場した。前日14日目の横綱鶴竜(31=井筒)戦では左肩が使えず、いいところなく敗戦。それでも、この日の本割では立ち合いで変化の“奇襲”。照ノ富士に右の前まわしを取られたものの、冷静に突き落として大関に土をつけた。

 優勝決定戦では2度目の立ち合いから照ノ富士にまわしを許した。怒とうの寄りを見せる照ノ富士を、土俵際で右の小手投げ。大関の巨体をひっくり返して、ドラマチックな優勝を決めた。

 新横綱での優勝は過去に大鵬、隆の里、貴乃花の3人しかいない快挙。負傷にも負けずに「横綱の務め」を貫き、先場所の初Vに続く連覇は価値ある優勝となった。