新横綱稀勢の里 弟弟子・高安を絶賛「相当に出来がいい」

2017年03月01日 15時57分

高安(右)に攻め込まれる稀勢の里。好調の弟弟子を絶賛した

 大相撲春場所(12日初日、大阪府立体育会館)で連覇を目指す新横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が1日、大阪市内の部屋宿舎で朝稽古を行った。

 

 関脇高安(27)と27番取って15勝12敗。状態について「まだまだ。これからという感じです。もっと修正するところはたくさんある」と話す一方で「高安を褒めなきゃいけない。相当に出来がいいのでは。このまま初日までいってほしい」と好調の弟弟子を絶賛した。

 

 2日と3日には二所ノ関一門の連合稽古に参加する予定。「しっかりと体調をケアして、いい状態で稽古できるように頑張ります」と意欲を見せた。