白鵬が2大記録達成に意欲 充実オフで脱皮!?

2017年01月04日 16時30分

余裕を漂わせた白鵬

 大相撲初場所(8日初日、東京・両国国技館)でV38を目指す横綱白鵬(31)が3日、東京・墨田区の宮城野部屋で稽古を再開した。

 幕内石浦(26)らと相撲を取って16勝1敗と一蹴。新年の抱負を問われると「何といっても1047勝でしょう。順調にいけば3場所(夏場所)」と話し、あと39勝に迫る通算最多勝利に意欲を見せた。

 優勝40回の大台到達については「誰も達成していない数字を目指していかなきゃいけない。(最多勝記録に)花を添えるというか“両手に花”という感じにしたい」と2つの大記録の同時達成も視野に入れた。今回の初場所は例年よりも初日が早く、他の力士は年末年始の休みを短縮するなか、最強横綱は南国のグアムで休暇を満喫。この日は日焼けした真っ赤な顔で稽古場に現れた。

 白鵬は「暖かい所でリラックスした。日焼け止めを塗るんだけど汗で取れちゃう。“脱皮”するかと思った(笑い)。ゴルフをしたり、船に乗って波に揺られて釣りをしたり。最高でした」と満足げ。遊んでいても勝てるとばかりに余裕を漂わせたが、果たして…。