【大相撲九州場所】豪栄道 綱取りへ好発進も…早くも流れるあの評判

2016年11月14日 14時00分

栃煌山(右)に快勝した豪栄道

 大相撲九州場所初日(13日、福岡国際センター)、初の綱取りに挑む大関豪栄道(30=境川)が幕内栃煌山(29=春日野)を押し出して白星発進した。9月の秋場所は全勝で初優勝を果たし、角界内で一気に評価を高めた。ただ、過去の不安定な成績から仮に横綱となっても「短命」に終わることを危惧する見方も根強い。連覇はもちろんのこと、誰もが納得する強さを見せたいところだ。

 

 豪栄道が栃煌山を一方的に押し出して快勝。初めての綱取り挑戦で幸先の良いスタートを切った。取組後は「出足は良かった。(土俵際は)よく相手が見えていた」と振り返りつつ「最後はもうちょっと、脇を締めていかないとイカン」と細かい反省点を挙げるなど冷静。2日目以降に向けて「まだまだ。これからじゃないですか」と言って表情を引き締めた。

 

 先場所は日本出身者としては20年ぶりとなる15戦全勝で初優勝。周囲の評価を一気に高めた。ただ、これまでの大関13場所でカド番が4回。2桁黒星の大敗も2度あり、1場所あたりの勝ち星は約8.3勝にすぎない。大関昇進後は左ヒザなど故障が相次ぎ本来の力を発揮できなかった事情があるにせよ、初優勝の前までは、完全に「大関失格」の烙印を押されていた。

 

 そのイメージが強すぎるがゆえ、仮に横綱となったとしても「短命」に終わるとの見方は根強い。親方衆の一人は「今までが悪すぎる。もう少し時間をかけてもいい。今すぐに横綱になったとしても、そう長くは続けられないのでは。鶴竜(31=井筒)より苦労するかもしれない」と懸念している。

 

 平成以降では初めて優勝1回で横綱となった鶴竜でさえ、綱取り場所より前の大関11場所で1場所あたりの勝利数は約9.5勝。その鶴竜は、横綱として初優勝するまで1年以上の期間がかかった(所要9場所)。そして横綱初Vを果たした昨年秋場所の優勝から、すでに丸1年が経過。このままV逸が長引くようであれば、遠くない時期に「引退」の2文字が現実味を帯びてくることになるだろう。

 

 安易な横綱昇進は短命を招くだけ。一時的な勢いではなく、地力を見極めるべきとの慎重論が強まるのも当然の流れだ。

 

 日本相撲協会の八角理事長(53=元横綱北勝海)は、この日の豪栄道について「攻めて休まなかった。先場所から好調を維持している」と引き続き高い評価を与えた。周囲の不安説を吹き飛ばすためにも、このまま内容を伴いながら勝ち続けるしかない。