【大相撲】蝶が逸ノ城の勝ち越しアシスト?

2016年07月22日 08時37分

逸ノ城の周りを蝶が飛び回った

 蝶のお気に入りは逸ノ城。大相撲名古屋場所12日目(21日、愛知県体育館)にハプニングが発生した。なんと取組が行われている土俵の周りを1匹の蝶がヒラヒラと遊覧飛行。これに気付いた周囲の関係者、観客らは「オーッ」と歓声を上げた。

 この蝶、逸ノ城(23=湊)がお気に入りのようで、仕切りの際に集中力を高めている横でボディー目がけて何度もアタック。おなかの前を飛ぶ姿はタトゥーかアップリケにも見える。

 かわいい乱入者の姿に相手の豊響(31=境川)は緊張が切れたのか肩透かしで敗戦。勝ち越しを決めた逸ノ城にとって最高の援護射撃だったようだ。