照ノ富士が関取衆ビビらせた「あの一番」

2015年06月30日 16時00分

会見に臨む照ノ富士

  大相撲名古屋場所(7月12日初日、愛知県体育館)の新番付が発表された29日、新大関照ノ富士(23=伊勢ヶ浜)が名古屋市内の部屋宿舎で会見し“優勝争い”を力強く宣言した。恵まれた体格と規格外のパワーで土俵を席巻し、早くも次の横綱の最右翼に挙げられる。とどまるところを知らない猛威は、関取衆の面々を震え上がらせている。

 

 この日の会見で照ノ富士は「大関の地位は横綱と優勝争いをしないといけない。それを目指して頑張ります」とキッパリ。大関昇進直後から公言している綱取りについても「できれば早く上がりたい」と言い切った。

 

 新関脇で臨んだ春場所は最強横綱の白鵬(30=宮城野)を撃破して13勝。続く夏場所は12勝で初優勝を果たした。従来の大関取りの目安は「三役の地位で3場所合計33勝以上」。年6場所制となった1958年以降、新三役から2場所で大関になったのは照ノ富士が初めてだ。異例のスピード昇格に、審判部の親方衆の中にも「時期尚早」「もう1場所を見てから決めたほうがいい」という慎重論が少なからずあった。昨年名古屋場所後に3場所合計32勝で大関になった豪栄道(29=境川)が、昇進後に苦戦している現状もある。

 

 一方で関取衆の間からは、こうした“異論”はほとんど聞こえてこない。この2場所の照ノ富士の猛威に“異次元”の強さを感じているからだ。先の夏場所、関取衆に衝撃を与えた取組がある。10日目に照ノ富士が豊ノ島(32=時津風)を退けた一番。あえて両脇をあけて相手のもろ差しにさせると、力ずくで両腕を抱えてきめ出したのだ。

 

 不利な体勢をものともしない怪力ぶりもさることながら、関取衆を戦慄させたのは、初めから相手がもろ差しになる形を狙いにいったことだ。幕内上位力士の一人は「相撲の後で“わざと差させた”みたいなことを言っていたでしょ。そんなの、普通はあり得ないって…」と声を失った。誰よりも負けず嫌いが揃う幕内力士たちでさえ、スケールの違いを痛感せざるを得ないインパクトを与えた一番だった。

 

 しかも、日頃から土俵で胸を合わせて規格外のパワーを体感しているだけに、異例の2場所での大関昇進にも「どうせ上がるんだから。2場所か、3場所かの違いだけ」(別の関取)と冷静。こうした声が上がるのも、すでに照ノ富士の実力が関取衆全体に認められているからにほかならない。

 

 新大関とはいえ、すでに自他ともに認める「横綱候補」の最右翼。このまま一気に綱をつかみ取ってしまいそうな雲行きだ。