“ウルフ”九重親方の土俵入りに白鵬、日馬富士も感激!

2015年06月01日 16時00分

九重親方が貫禄の還暦土俵入り。左は太刀持ちの白鵬、中央は露払いの日馬富士

 これがウルフの雄姿だ。元横綱千代の富士の九重親方(60)が31日、東京・両国国技館で還暦土俵入りを行った。約1200人の招待客が見守るなか、還暦を表す赤い綱と赤富士の化粧まわし姿で登場。太刀持ちに白鵬(30=宮城野)、露払いに日馬富士(31=伊勢ヶ浜)の現役横綱を従えて、雲竜型の土俵入りを披露した。3横綱の優勝回数は合計71回。何とも豪華な“揃い踏み”となった。

 

 その後の会見では「老人の仲間入りをしたのかな(笑い)」と冗談を口にしながらも「横綱を経験した人ができるセレモニー。健康だったからこそできた。元気でやってこれて良かったなという気持ち。“日本一”のかけ声? ずいぶん久々に聞いたけど、まんざら悪くはない響きでしたよ」と感慨深げな面持ちだった。

 

 初めて太刀持ちを経験した白鵬は「緊張しました。(還暦土俵入りを)私もできればいいなと思います。ナマの千代の富士? 最高!」。日馬富士も「憧れの大横綱。一緒に土俵に上がれたことは本当に光栄に思います」と興奮気味だった。