【大相撲】照ノ富士、貴景勝ら新たに17人がコロナ感染 花相撲が開催危機に直面

2022年02月04日 23時18分

照ノ富士(右)は先月末、元栃煌山の断髪式に出席していた(代表撮影)
照ノ富士(右)は先月末、元栃煌山の断髪式に出席していた(代表撮影)

 角界でコロナの感染拡大が止まらない。日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は4日、横綱照ノ富士(伊勢ヶ浜)、大関貴景勝(常盤山)ら関取12人、親方4人、行司1人が新たに新型コロナウイルスに感染したことを発表した。芝田山部長は「判明したばかりなので、個々の状況は分からない。濃厚接触者の有無などの調査はこれから」と説明した。

 すでに角界では、新大関の御嶽海(出羽海)をはじめ、7人の関取の感染が判明。これを受けて相撲協会は4日に緊急のPCR検査を実施していた。これでコロナ陽性者の合計は関取だけで19人に上った。5日の中村親方(元関脇嘉風)の引退相撲は予定通り開催されるが、6日は日本大相撲トーナメント、11日にはNHK福祉大相撲(いずれも東京・両国国技館)が控えており、開催への影響が懸念される。今回発表された陽性者の所属部屋と親方衆、関取、行司は以下の通り。

【伊勢ヶ浜部屋】横綱照ノ富士、十両翠富士、十両錦富士
【常盤山部屋】常盤山親方(元小結隆三杉)、大関貴景勝
【春日野部屋】春日野親方(元関脇栃乃和歌)、竹縄親方(元関脇栃乃洋)、清見潟親方(元関脇栃煌山)、幕内栃ノ心
【荒汐部屋】幕内若元春、幕内若隆景、十両荒篤山
【放駒部屋】幕内一山本
【時津風部屋】幕内豊山
【木瀬部屋】十両徳勝龍
【立浪部屋】幕内豊昇龍
【芝田山部屋】木村銀治郎

関連タグ: