【初場所】琴ノ若 王鵬との“埼玉栄&サラブレッド”対決制す 「幕内で当たれた」と感慨も

2022年01月15日 19時30分

王鵬(右)を冷静にさばいた琴ノ若(東スポWeb)
王鵬(右)を冷静にさばいた琴ノ若(東スポWeb)

 サラブレッド対決を制したのは――。大相撲初場所7日目(15日、東京・両国国技館)、幕内琴ノ若(24=佐渡ヶ嶽)が新入幕の王鵬(21=大嶽)を下し、5勝目(2敗)を挙げた。最後は肩透かしで、同じ埼玉栄高の後輩を仕留め「しっかり踏み込んで、その後も流れよく自分から動けた。慌てず落ち着いて取れた」と手応えを語った。

 祖父は元横綱琴桜(故人)、父は元関脇琴ノ若で師匠の佐渡ヶ嶽親方という親子3代幕内のサラブレッド。王鵬も元横綱大鵬を祖父、元関脇貴闘力を父に持つため、3代目対決として大きな注目を集めている。琴ノ若は「言われるものだと思っている。本場所の1日の一番という気持ちなので、深く意識はしていない。自分の出せるものを出し切るだけ」と取組への集中を強調する。その一方で「幕内の土俵で当たれたから、いいことじゃないかな」と後輩との相撲に感慨深げだった。

 祖父同士や父同士が戦う姿を映像などで見て「地位も(祖父は)横綱、(父は)関脇。自分はまだまだだなと勉強になったと思う」と今後の飛躍を誓っていた。

関連タグ: