【初場所】照ノ富士 宇良を破り4連勝「落ち着いて取れたかな」

2022年01月12日 19時12分

宇良(右)を突き倒した照ノ富士(東スポWeb)
宇良(右)を突き倒した照ノ富士(東スポWeb)

 最後は白星をつかみ取る強さがある。大相撲初場所4日目(12日、東京・両国国技館)、横綱照ノ富士(30=伊勢ヶ浜)は幕内宇良(27=木瀬)を突き倒しで下し、初日から土つかずの4連勝とした。

 立ち合いから低く入り込もうとする相手に苦戦。土俵際で体を起こされて、あわやのところまで追い詰められた。だが崩れることなく残すと、最後は左の突きで決着をつけた。

 取組後は「落ち着いて取れたかなと思う。(相手を)正面に置いてやろうと思っていただけ」といつも通り淡々と言葉を並べた。

 この日から貴景勝(常盤山)が休場。正代(時津風)もすでに1敗と大関陣のふがいなさが目立つ中、早くも3連覇への足場を固めつつある。それでも本人は「自分なりに頑張っていきたいなと思っている」とひと言。土俵上だけでなく精神面でも一切の隙を見せなかった。

関連タグ: