【初場所】正代が若隆景の勇み足で命拾い「相手の足が出ていないかなと…」

2022年01月12日 18時54分

若隆景(奥)の勇み足で正代が“命拾い”(東スポWeb)
若隆景(奥)の勇み足で正代が“命拾い”(東スポWeb)

 まさに〝命拾い〟だ。大相撲初場所4日目(12日、東京・両国国技館)、大関正代(30=時津風)が幕内若隆景(27=荒汐)を下して3勝目(1敗)を挙げた。若隆景に攻め込まれて押し出されたかに見えたが、審判団から物言い。相手の右つま先が早く出る勇み足で、行司差し違えで白星が転がり込んだ。

 取組後は「(相手の足は)正直、見えてなかったです。物言いがついた時、もしかしたら(若隆景の)足が出ていないかと…。何とか1勝を拾うことができた」と〝ラッキー〟な白星に安どの表情。「押し込まれているので、そこは良くない。立ち合いは踏み込めているので、押し込まれる相撲をなくしていけたら」と反省することも忘れなかった。

 この日から貴景勝(常盤山)が休場し、大関は正代1人だけ。「大関が1人になったとか、大関が2人になったとかは自分の中で意識していない。いつも通り取れたら。運よく星も拾えている。内容も良くなれば、もっと勝てると思うので頑張っていきたい」と表情を引き締めた。

関連タグ: