【初場所】御嶽海が無傷3連勝 大関への挑戦は安定感持続がカギ「前に出ることを意識」

2022年01月11日 20時36分

若貴景(右)を寄り切った御嶽海(東スポWeb)
若貴景(右)を寄り切った御嶽海(東スポWeb)

 安定感の見せ続けられるか。大相撲初場所3日目(11日、東京・両国国技館)、関脇御嶽海(29=出羽海)が幕内若隆景(27=荒汐)を寄り切って、無傷の3連勝とした。

 立ち合いで激しく当たると力強く前へ。土俵際で相手に粘られる場面もあったが、最後まで攻めの手を緩めなかった。取組後は「しっかり我慢して前に出ることを意識した。毎日白星を挙げられるように頑張りたい。気持ちでしっかり負けないように。勝つイメージを持ってやっている」と手応えを語った。

 先場所は11勝を挙げて大関取りの起点をつくった。ただ、三役の地位では連続での2桁白星がなく、突然崩れる〝悪癖〟で何度も期待を裏切ってきた。このまま安定感を持続できるかが、大関挑戦のカギとなりそうだ。

関連タグ: