【初場所】正代と貴景勝が揃って黒星…大関陣のふがいなさが浮き彫りに

2022年01月11日 18時38分

大栄翔に一方的に押し出された正代(東スポWeb)
大栄翔に一方的に押し出された正代(東スポWeb)

 大相撲初場所3日目(11日、東京・両国国技館)、大関正代(30=時津風)に早くも土がついた。小結大栄翔(28=追手風)に押し込まれると、何も抵抗できずに一方的に押し出された。

 取組後は「相手の手の回転も止まらなかった。もう少し勢いを殺せたらさばきにいったりできるが、気付いたら土俵際。体が反応してくれなかった」とガックリ。4日目以降へ向けて「体は動いていると思う。自分が攻めるような相撲を徹底していけたら。内容にもこだわって前で勝てるようにしたい」と巻き返しを誓った。

 この日は大関貴景勝(25=常盤山)も幕内宇良(29=木瀬)に取り直しの末に押し倒されて1勝2敗と黒星が先行。横綱照ノ富士(30=伊勢ヶ浜)が3連勝と好スタートを切っただけに、大関陣のふがいなさが浮き彫りとなった格好だ。

関連タグ: