【初場所】水戸龍ら錦戸部屋の力士4人が全休 師匠が濃厚接触者に

2022年01月09日 16時07分

水戸龍(東スポWeb)
水戸龍(東スポWeb)

 大相撲初場所初日(9日、東京・両国国技館)、日本相撲協会は錦戸部屋の師匠、錦戸親方(59=元関脇水戸泉)が新型コロナウイルスの濃厚接触者となったことを発表。部屋の力士にも感染の可能性があるため、同親方と十両水戸龍(27)ら力士4人全員が初場所を全休することになった。

 協会によると、錦戸部屋の関係者の新型コロナ感染が判明し、錦戸親方が濃厚接触者扱いになったという。

 今場所は田子ノ浦親方(45=元幕内隆の鶴)の新型コロナ感染を受けて、幕内高安(31)ら同部屋の協会員全員が全休しており、力士の全休は2部屋目となった。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ