【九州場所】照ノ富士 怒涛13連勝で2連覇王手! 14日目は1敗・阿炎と激突

2021年11月26日 19時45分

優勝に王手をかけた照ノ富士(東スポWeb)
優勝に王手をかけた照ノ富士(東スポWeb)

 一人横綱が2連覇へ王手をかけた。大相撲九州場所13日目(26日、福岡国際センター)、横綱照ノ富士(29=伊勢ヶ浜)が関脇御嶽海(28=出羽海)を一方的に寄り切って無傷の13連勝を決めた。

 危なげない相撲で圧勝した取組後は「集中して当たろうと思っていた。残り2日間、頑張っていきたい」と淡々と語った。

 ここまで1敗で並んでいた幕内阿炎(錣山)と大関貴景勝(常盤山)の直接対決は阿炎に軍配。本来は横綱と大関の対戦となる割(取組)が崩され、14日目に阿炎と直接対決することになった。

 照ノ富士が勝てば2場所連続6度目の賜杯を手中に収めることになるが「土俵に上がったら変わらない。一日一番の気持ちでやっている」と格下相手にも一切の油断を見せなかった。

関連タグ:

ピックアップ