【九州場所】照ノ富士が明生に格の違い見せつけ全勝キープ

2021年11月25日 19時10分

照ノ富士は明生を掛け投げで下し12連勝(東スポWeb)
照ノ富士は明生を掛け投げで下し12連勝(東スポWeb)

 一人横綱が連覇へ向けて〝カウントダウン〟に入った。大相撲九州場所12日目(25日、福岡国際センター)、横綱照ノ富士(29=伊勢ヶ浜)が関脇明生(26=立浪)を掛け投げで下して12連勝。幕内で唯一の全勝を守った。

 新横綱だった秋場所で敗れた相手に格の違いを見せつけた。取組後は「落ち着いて取ろうと思っていました。相手の圧力? 余裕を持ってやろうと思った」と淡々とした口ぶりで振り返った。

 2場所連続6度目の優勝へ向けて一歩前進したが、照ノ富士に油断はない。「まだ3日間あるので、しっかり最後まで頑張っていきたい。一日一番、自分の相撲を取り切る」と表情を引き締めた。

関連タグ:

ピックアップ