【九州場所】貴景勝は敗戦ショック引きずらず3場所ぶり2桁勝利「しっかり準備してという感じ」

2021年11月24日 19時15分

貴景勝は遠藤を押し出し3場所ぶりの2桁勝利を挙げた(東スポWeb)
貴景勝は遠藤を押し出し3場所ぶりの2桁勝利を挙げた(東スポWeb)

 前日のショックを引きずらなかった。大相撲九州場所11日目(24日、福岡国際センター)、大関貴景勝(25=常盤山)が、幕内遠藤(31=追手風)を押し出し、3場所ぶりの2桁勝利を挙げた。

 激しい突き合いとなるも徐々に押し勝ち最後は土俵外へはじき出した。今年1年は2戦2敗の難敵を退け、取組後は「しっかり準備してという感じ。完璧ではないんで、また考えるところは考えて。明日に向かって準備する」といつも通りの言葉を並べた。

 だが、前日の敗戦を引きずらない内容に「勝つためにはどうしたらいいか考えただけ。まあまあ」と気持ちの切り替えはできていたようだ。その上で大関として求められるのは、全勝の横綱照ノ富士(伊勢ヶ浜)の独走を止める働き。「自分は自分。自分のことだけ集中して頑張ります」とだけ語り、引き揚げた。

関連タグ:
 

ピックアップ