【大相撲】前頭筆頭・若隆景 三役返り咲きへ「勝ち越したい」

2021年11月05日 16時55分

西前頭筆頭の若隆景
西前頭筆頭の若隆景

 大相撲九州場所(14日初日、福岡国際センター)を控えた5日、幕内若隆景(26=荒汐)が報道陣の電話取材に応じた。

 この日は自主的に部屋で体を動かし「いつも通りしっかり準備するだけですね」と、初日向けて調整を続けている。新小結で臨んだ7月の名古屋場所は5勝10敗に終わったものの、秋場所は9勝6敗。西前頭筆頭で迎える今場所は「また三役が見えてくる番付だと思うので、しっかり自分の相撲を取りきって勝ち越したいと思います」と気合十分だ。

 体重130キロと力士の中では小柄ながら、持ち味のおっつけで体格差がある相手からも白星を挙げる。そんな玄人ファンも好むようなスタイルについては「体が小さいので、勝つにはそういう相撲を取るしかない。そういう思いでとにかく下からの攻めを磨いていきたい」と話す。

 2019年九州場所の新入幕から2年。今年は大関ら上位力士を破り、2度の技能賞を獲得するなど成長を続ける27歳が今場所も土俵を盛り上げてくれるはずだ。

関連タグ:

ピックアップ