大関琴奨菊「婚約」発表 ついに“本当の春”到来

2015年02月20日 17時43分

婚約指輪を披露する祐未さん(左)と琴奨菊

 大関琴奨菊(31=佐渡ヶ嶽)が20日、千葉・松戸の佐渡ヶ嶽部屋で会見し、婚約を発表した。お相手は3歳年下で元会社員の石田祐未さん(28)。知人の紹介で1年半ほど前から交際がスタートし、昨年10月に琴奨菊からプロポーズしたという。今年に入り同居生活も始めているが、挙式・披露宴の予定は調整中だという。

 

 祐未さんとともに会見した琴奨菊は「地元の九州場所(2013年)で大胸筋(断裂)のけがなどがありましたけど、常に明るく私を支えてくれた。自分だけではなく、支えてくれる家族のために頑張らないといけない」と幸せいっぱいの表情。祐未さんも「(琴奨菊は)いつも穏やかでやさしい。彼の人柄に魅せられましたので、何の迷いもなくお嫁さんになりたいなと思いました。笑顔があふれる明るい家庭を築いていきたい」と笑みを浮かべた。

 

 琴奨菊は12年秋に一般女性との婚約を発表したが、その後に互いの考え方に違いが生じ、翌13年2月に婚約解消したつらい過去がある。心に深い傷を負い、不幸のどん底を味わった和製大関に、ついに本当の春が訪れた。