【大相撲】新十両昇進の平戸海 4月に亡くなった響龍さんのLINEに報告「おかげさまで決めました」

2021年09月29日 12時31分

オンラインで会見を行った平戸海
オンラインで会見を行った平戸海

 日本相撲協会は29日、東京・両国国技館で大相撲九州場所(11月14日初日、福岡国際センター)の番付編成会議を開き、寺沢改め朝乃若(26=高砂)と平戸海(21=境川)の新十両昇進を決めた。秋場所を東幕下筆頭で臨んだ寺沢改め朝乃若は5勝2敗、東幕下2枚目の平戸海も5勝2敗だった。

 この日、オンラインで会見を行った平戸海は「1つ目の夢だったのでかなえられてよかったなと思います」と率直な感想を口にした。中学卒業後に入門し、2016年春場所で初土俵。5年半で新十両に昇進したことには「順調に上がって来れたなと。最初はつまずいたりしたんですけど、なんとか早く上がって来れてよかったです」と語った。

 春場所の取組中に頭を強打するアクシデントに見舞われ、4月に急性呼吸不全で亡くなった同部屋の三段目・響龍(本名・天野光稀)さんとはLINEなどで連絡を取り合っていた。

 平戸海は事故後に入院していた響龍さんに「一緒に頑張りましょう」とメッセージを送り、響龍さんからは「お前が勝ったら元気が出るわ」と返信が届いた。響龍さんは体を自由に動かすことができない状態だったが、看護師を通じて返信を続けたという。また、平戸海は秋場所で昇進を確実にした際に「おかげさまで決めました」と響龍さんのLINEに報告した。

 長崎出身の平戸海にとって〝ご当地〟となる来場所に向けては「新十両で九州を沸かせられるように頑張りたい。平戸の名前を広めたいです」と力を込めた。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ