【秋場所】正代5敗目で逆転Vが完全消滅 “ノルマ”10勝へ「体は動いている」

2021年09月24日 19時27分

先に右足が出てしまった正代(右)
先に右足が出てしまった正代(右)

 大相撲秋場所13日目(24日、東京・両国国技館)、大関正代(29=時津風)が幕内阿武咲(25=阿武松)に寄り切られて5敗目(8勝)。土俵際まで攻め込む場面もあったが、もろ差しを許してズルズルと後退。そのまま一気に寄られて土俵を割った。

 取組後は「突き放されて密着できなかった。(立ち合いからの)内容は悪くないけど、ああいうのがまた出てくると自分も厳しくなってくる。課題にして稽古をしていきたい」と悔やんだ。

 この日の黒星で逆転優勝の可能性が完全に消滅した。残り2日間へ向けて「体は動いているので、思い切りいけたらいい」。看板力士として2桁10勝は死守したいところ。最後に意地を見せることができるか。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ