【秋場所】大栄翔が新横綱照ノ富士から金星! 押し相撲で圧倒「差されたり、まわしを取られたら話にならないので」

2021年09月20日 20時22分

照ノ富士から金星を挙げた大栄翔(東スポWeb)
照ノ富士から金星を挙げた大栄翔(東スポWeb)

 大相撲秋場所9日目(20日、東京・両国国技館)、幕内大栄翔(27=追手風)が新横綱照ノ富士(29=伊勢ヶ浜)を寄り切って6勝目を挙げた。

 前みつを狙われるも突き押し、頭を下げて距離を取る。そこからのど輪で起こし、右ヒジのサポーターを吹き飛ばしながら、はず押しで攻めて土俵外に退けた。取組後は「本当にうれしい。差されたり、まわしを取られたら話にならないので押し相撲で向かって行きました」と呼吸を整えながら振り返った。

 金星は2019年初場所の白鵬、同秋場所の鶴竜に続いて自身3個目。大栄翔は「どんな相手にも勝ちたいと思って臨んでいる」とした上で「(自分は)格下。作戦を立てられるタイプではないので、胸を借りるという感じで思いきり行くつもりだった」と話す。照ノ富士とは過去2勝5敗で直近3場所は土をつけられていただけに「自信になる相撲だった」と充実の表情だった。

「常に三役にいたいので早く戻りたい」と大栄翔。このまま白星を積み上げるつもりだ。

関連タグ:
 

ピックアップ