【秋場所】霧馬山 “大関キラー” 襲名! モンゴル仕込みの怪力で正代を宙づり

2021年09月18日 06時15分

怪力自慢で白星を積み重ねる霧馬山(東スポWeb)
怪力自慢で白星を積み重ねる霧馬山(東スポWeb)

 モンゴルの大地で培った驚異のパワーを武器に〝大関キラー〟を襲名だ。

 大相撲秋場所6日目(17日、東京・両国国技館)、幕内霧馬山(25=陸奥)が大関正代(29=時津風)を寄り切って5勝目。最後は大関を宙づりにするパワーを見せつけ「自分の形になって、思いきり行こうと。あまり早く攻めるのも良くないと思った」と納得の表情を浮かべた。

 2日目に大関貴景勝(常盤山)も破ったモンゴル出身の25歳は、家族が羊やラクダなどを飼育する遊牧民。幼少時代から馬に乗る生活を送り、自然に体幹や足腰が鍛えられていった。これこそ土俵上で発揮する強じんな粘り腰の原点だ。

 遊牧民パワーを武器に快進撃を続ける霧馬山。優勝争いのダークホースになるかもしれない。

関連タグ:

ピックアップ