【秋場所】元横綱朝青龍のおい・豊昇龍が「急性扁桃炎」で初休場 PCR検査は陰性

2021年09月16日 16時41分

豊昇龍
豊昇龍

 大相撲秋場所5日目(16日、東京・両国国技館)、元横綱朝青龍のおいの幕内豊昇龍(22=立浪)が休場した。日本相撲協会に「急性扁桃炎のため約2日の自宅療養を要する」との診断書を提出。この日の対戦相手の小結高安(31=田子ノ浦)は不戦勝となる。

 芝田山広報部長(58=元横綱大乃国)によると、豊昇龍は新型コロナウイルスのPCR検査を受けて陰性だったという。

 今場所は自己最高位の東前頭筆頭で臨み、4日目まで1勝3敗。2018年初場所の初土俵以来初休場となった。

 また、6日目は幕内宝富士(伊勢ヶ浜)戦が組まれていたが、取組は割り返し(組み直し)が行われた。

関連タグ:

ピックアップ