【秋場所】正代が逆転の突き落としで3勝目 全勝・照ノ富士に「最後までついていきたい」

2021年09月15日 19時46分

隆の勝(右)を突き落としで破った正代(東スポWeb)

 大相撲秋場所4日目(15日、東京・両国国技館)、大関正代(29=時津風)は幕内隆の勝(常盤山)を突き落として3勝目を挙げた。

 危なかった。正代はのど輪で起こされ、後退するも土俵際で粘って逆転。取組後は「(立ち合いは)いつも通りぶつけたつもりだったけど、相手のほうがよかった。でも、土俵際で反応できた」と安堵した。

 初日は元横綱朝青龍のおいの幕内豊昇龍(立浪)に屈して黒星スタート。だが、大関は体の切れに手応えを感じており「立ち合いは申し分なかったと思う」と自己分析する。

 2日目以降は星を落とさず、新横綱照ノ富士(伊勢ヶ浜)を1差で追う展開。これには「最後までついていきたい。ただ、あまり気負わないように」と率直な感想を口にした。

関連タグ: