【秋場所】まさに〝正代キラー〟 朝青龍の甥・豊昇龍が白星発進「得意というのはないけど…」

2021年09月12日 20時44分

正代を寄り切った豊昇龍

 大相撲秋場所初日(12日、東京・両国国技館)、元横綱朝青龍のおいの幕内豊昇龍(22=立浪)は大関正代(29=時津風)を寄り切って白星発進した。

 押されながらもこらえて逆襲。相手を土俵外に退け「体が上がらないように我慢していたので良かったと思います」と安堵した。

 大関を破った豊昇龍は「気持ちとしてうれしいですね」と率直な感想を述べ、通算3勝で〝正代キラー〟になっていることには「得意というのはないけど集中して良かった」と振り返った。

 名古屋場所で10勝5敗の成績を残し、今場所は自己最高位の東前頭筆頭まで番付を上げた22歳が元気いっぱいだ。

関連タグ: