白鵬 大鵬を抜き史上最多の33回目の優勝

2015年01月23日 18時21分

史上最多33回目の優勝を喜ぶ白鵬

 大相撲初場所13日目(23日、東京・両国国技館)で横綱白鵬(29=宮城野)が、大関稀勢の里(28=田子ノ浦)に取り直しの末に押し倒しで勝ち、13連勝として“昭和の大横綱”大鵬を抜き、史上最多の33回目の優勝を決めた。
 
 白鵬は1度目の立ち合いで強烈なあたりから稀勢の里を土俵際に追い込んだが、稀勢の里は左に突き落とし、軍配は白鵬へ。しかし、物言いがついて同体で取り直し。2度目の立ち合いも、白鵬が一気に稀勢の里を土俵際に押し込んだ。何とか残した稀勢の里は右の張り手で逆襲に出たが、白鵬はしのいで豪快に押し倒した。
 
 敬愛する大鵬を超えた白鵬は感慨深げな表情で花道を引き揚げた。