初場所で珍事!審判4人だけ

2015年01月16日 10時51分

通常5人で務める審判が4人だけ…

 大相撲初場所5日目(15日、東京・両国国技館)。まだ館内の観客もまばらな三段目の取組での一コマ。よく見ると、通常は5人で務める審判が4人しかいない…。審判部の陣幕親方(54=元幕内富士乃真)がインフルエンザで休場。代役の調整がつかず、最近では極めて珍しいシーンとなった。

 ちなみに規則では、三段目の取組は審判が3人以上いれば問題ない。審判部長の伊勢ヶ浜親方(54=元横綱旭富士)は「急だったので(代役が)いなかった」と説明。十両の取組では東関親方(36=元幕内潮丸)が代役を務めた。