注文相撲で評価急落…逸ノ城大関取り遠のいた?

2015年01月15日 16時00分

逸ノ城も反省しきりだったが…

 またしても…。大相撲初場所4日目(14日、東京・両国国技館)、関脇逸ノ城(21=湊)は大関琴奨菊(30=佐渡ヶ嶽)から2勝目を挙げたが、立ち合いの変化からはたき込む安易な“注文相撲”が大きな波紋を広げている。熱戦を期待していたファンを失望させただけではなく、角界の評価も大暴落。怪物が今年の目標に掲げている大関取りに向けて、この日の一番が重大な影響を及ぼす可能性も出てきた。

 

 初日から4日連続で大入りとなった国技館が、静まり返った。逸ノ城が立ち合いで右に変わって相手の頭をはたくと、琴奨菊は土俵に転がった。ファンが期待したのは、互いに真正面からぶつかる熱戦。あっけない幕切れに、館内はしらけた雰囲気に包まれた。取組後の逸ノ城は「よくないと分かってるんですけど…。前に出ないとダメだと思います。情けないっすね」と反省の言葉を口にした。

 

 逸ノ城が“並の力士”であれば、ここで話は終わる。だが「将来の横綱候補」と目される怪物だけに、角界への波紋の広がり方も普通では済まなかった。

 

 日本相撲協会の北の湖理事長(61=元横綱)は「これ(変化)が癖になったら苦しむ。もっと踏み込んで自分の形をつくらないと、負け始めたら止まらなくなる」と厳しく指摘する。

 

 審判部副部長の朝日山親方(64=元大関大受)は「(変化は)立ち合いからやる雰囲気があった。お客さんも内容のいい相撲を見たかっただろう。大関や横綱を狙うんだったら、正々堂々とやらないと」と苦言を呈し「上(大関)に推薦される時にマイナスになる」と断言した。

 

 新入幕だった昨年9月の秋場所は1横綱2大関を撃破した。そのうち2番は注文相撲だったものの、当時は「新入幕」の立場もあり“大目”に見てもらえた。ただ、今回は大関を目指す地位。しかも過去に横綱大関戦で5勝のうち、3勝が注文相撲では評価が急落するのも致し方ない。

 

 大関取りの目安は三役(関脇、小結)の地位で「3場所合計33勝」とされている。一方で、勝ち星が目安ギリギリだった場合、最後にカギを握るのは「印象」だ。

 

 実際、稀勢の里(28=田子ノ浦)は真っ向勝負を貫き、豪栄道(28=境川)は昭和以降最長の14場所連続で関脇の地位をキープしていたことが高く評価された。ともに目安に1勝満たない32勝ながら、大関昇進を果たしている。 すでに今場所で平幕に2敗している逸ノ城にとって、目安を大幅に上回るのは至難の業。この日の変化による評価急落が、大関取りの“致命傷”となりかねない。