【大相撲】貴源治が大麻使用で懲戒解雇 芝田山広報部長「協会の看板に泥を塗ってくれたな」

2021年07月30日 19時09分

貴源治

 日本相撲協会は30日に都内で臨時理事会を開き、大麻を使用した十両貴源治(24=常盤山)に懲戒解雇処分を下し、師匠の常盤山親方(元小結隆三杉)は「委員」から「年寄」への2階級降格処分とすることを発表した。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は報道陣に取材対応。「貴源治は『大変ご迷惑をおかけしました』と言っていた。年齢的にも、やっていいことと悪いことの分け隔てはできる。相撲協会としては残念。こういう処分をしなければいけないということと、協会の看板に泥を塗ってくれたなということですよ」と話した。

 貴源治は大相撲名古屋場所期間中に愛知県内で大麻たばこを吸引。相撲協会の事情聴取に対して当初は使用を否定していたが、その後の薬物検査で陽性反応を示すと一転して使用を認めていた。

 コンプライアンス委員会の調査によると、貴源治は過去に8回程度、大麻吸引の事実があったと供述しているという。相撲協会の「薬物使用禁止規定」では、大麻の使用を禁止しており、同規定に違反した場合は原則解雇処分とすることが定められている。

 貴源治の双子の兄は元十両貴ノ富士で、現在は格闘家のスダリオ剛(24)。その兄は付け人に対する暴力行為などで19年10月に力士を引退している。将来が期待されていた兄弟力士は、2人とも不祥事で土俵を去ることとなった。