【名古屋場所】“角界の鉄人”玉鷲が1年ぶり10勝 通算連続出場1359回も歴代6位タイ

2021年07月16日 19時45分

宝富士(左)を危なげなく下した玉鷲
宝富士(左)を危なげなく下した玉鷲

 大相撲名古屋場所13日目(16日、愛知県体育館)、幕内玉鷲(36=片男波)が幕内宝富士(34=伊勢ヶ浜)を押し出して、昨年7月場所以来の2桁白星を挙げた。 

 3連勝と好調な相手に、危なげない相撲を見せた取組後は「(2桁は)久しぶりなんで、すごくうれしい。地方場所も久しぶりなんで、来てくれたお客さんにいい報告ができた」と充実の表情を見せた。2004年初場所で初土俵を踏んでから一度も休場していない〝角界の鉄人〟は、この日で、元関脇寺尾に並ぶ1359回の通算連続出場記録を達成。歴代6位となった。

 今場所は、幕内では自身初となる初日から4連勝をマークするなど、幕内最年長となった大ベテランは衰え知らず。記録については「意識していない。自分の相撲を取って来てくれたお客さんを喜ばせるのが一番」と強調した。

関連タグ:

ピックアップ