V32一夜明け会見で“白鵬語録”連発

2014年11月25日 16時00分

満面の笑みで会見する白鵬

 大相撲九州場所で32回目の優勝を果たした横綱白鵬(29=宮城野)が24日、福岡市内で会見した。最大の目標にしてきた大鵬の優勝回数に並び「いろいろ味わいながら一日を過ごした。やっぱり、この優勝は特別」と喜びをかみしめた。今年1年を通じて、他の力士との実力差が改めて浮き彫りになった。

 

 白鵬は「(年6場所で)5回も優勝したってことは大変なこと。私だから言えるのかもしれないけど、他の力士がどう心の中で思っているんだろうな」とドヤ顔。さらに「一つの努力じゃダメ。たくさんの努力があってこそ頂点に立つ」「ライバルは必要。でも一番のライバルは自分自身」などと、最強横綱にしか言えない“語録”が次々と飛び出した。

 

 この日に都内で開かれた横綱審議委員会では、内山斉委員長(79=読売新聞グループ本社顧問)が「白鵬を横綱として顕彰したいという意見は出なかった。競り勝ったなら別だが、差がありすぎる」と話したほどだ。大記録の達成で白鵬のモチベーションが下がったとしても、絶対的な立場は揺らぎそうにない。