• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > 辛口の伊勢ヶ浜親方も脱帽した日馬富士の意地

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辛口の伊勢ヶ浜親方も脱帽した日馬富士の意地


意地を見せ、稀勢の里(右)を押し出した日馬富士

 師匠も“想定外”だった!? 大相撲九州場所10日目(18日、福岡国際センター)、横綱日馬富士(30=伊勢ヶ浜)が大関稀勢の里(28=田子ノ浦)を一方的に押し出して完勝。勝ち越しを決めて「弱い気持ちに打ち勝って一番一番臨んだわけですから。正直、ホッとしてます」と安堵感を漂わせた。

 

 秋場所の取組中に右目を強打し「右眼窩内壁骨折」で途中休場した。再び強い衝撃を受ければ失明の危険があるため、2か月近くも本格的な稽古を自粛。今でも右目の痛みは完全に消えていない。当初は師匠の伊勢ヶ浜親方(54=元横綱旭富士)でさえ、出場には消極的だった。少々のことでは休場させない師匠として知られ、過去には日馬富士が足首のケガで負けが込んでも「休場? 歩いてるじゃん」と一蹴したこともある。

 

 日馬富士の強い希望で出場が決まった後も、むしろ師匠のほうが「オレは勧めてないんだけど、本人が『どうしても出る』って言うから…」と周囲に不安を口にしていたという。そんな心配をよそに、果敢に頭から当たる相撲で“第一関門”の勝ち越しをクリア。2敗を守り、優勝戦線にもギリギリで踏みとどまっている。

 

 普段は辛口の伊勢ヶ浜親方も「たいしたもの。普通だったら怖くて(頭から)いけない」と愛弟子に脱帽するばかり。今年1年間、まるでいいところがなかった横綱が、最後の最後で意地を見せた格好だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!