【大相撲】朝乃山に同行の記者は諭旨解雇処分 スポニチが発表

2021年06月11日 19時34分

朝乃山

 大相撲の大関朝乃山(27=高砂)が日本相撲協会が定める新型コロナウイルス対策のガイドライン(不要不急の外出禁止)に違反した問題で11日、朝乃山と行動をともにしていた記者が所属するスポーツニッポン新聞社(スポニチ)が報道各社に社内処分などを発表した。

 朝乃山は夏場所前の外出禁止期間中にキャバクラ通いをしていたことが週刊文春の報道で発覚。本人は当初、相撲協会の事情聴取に対して違反行為を否定していたが、その後に事実を認めた。この日に行われた日本相撲協会の臨時理事会で朝乃山は「6場所出場停止、6か月の報酬減額50%」の懲戒処分を受けた。

 相撲協会の処分発表後、スポニチは報道各社に文書を送付し、当該記者を諭旨解雇処分としたことを発表。河野俊史代表取締役社長ら役員報酬の一部返上なども併せて発表された。

関連タグ: