【大相撲】正代独自の体調管理法は「暑くても常温の水」

2021年06月08日 18時55分

稽古で汗を流した正代(右)

 大相撲名古屋場所(7月4日初日、愛知県体育館)に向けて大関正代(29=時津風)が8日、東京・墨田区の部屋で稽古を行った。この日から相撲を取る稽古を再開し、幕下力士と10番取って全勝。立ち合いなどを意識して「最初にしては足もよく出ていたと思う」と語った。

 ただ、先場所前と比べて手応えを感じたかどうかは、一方的な内容が目立ったとはいえ、相手が幕下であることに加え「周りもまだ万全じゃないから分からない」と冷静に分析。それでも、稽古再開から基礎運動や筋力トレーニングで「しっかり体を動かしたのがよかった」と調整は順調のようだ。

 今回は合同稽古が行われず、他の部屋の力士と胸を合わせることがないが、大関は「本来だったら、そろそろ合同稽古に向けて関取同士でやっていかないけないけど、それがない分、自分のペースでできる。悪いことだけじゃない」と受け止めている。また、名古屋入りまでに「最終的には番数を増やして20、25番取っていけるようにしたい」とノルマを設定した。

 一方、この日は都心で気温が30度を記録。急な暑さに「体調面も気をつけないと」とした上で「冷たいものはあまり飲まないようにしている。サプリメントは常温の水で溶かしている。常温で大丈夫ですね」と、独自の体調管理法を明かした。

関連タグ: