【大相撲】「基準がよくわからない」 竜電の出場停止3場所に“大甘処分”の声

2021年05月28日 06時15分

“大甘処分”の竜電

“大甘処分”だ。日本相撲協会は、幕内竜電(30=高田川)が新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反したとして「3場所出場停止」の懲戒処分を下した。全休した夏場所から9月の秋場所までが対象で幕下転落が確実となった。師匠の高田川親方(54=元関脇安芸乃島)も監督責任から「6か月の報酬減額20%」の懲戒処分となった。

 竜電は昨年3月から今年1月にかけて、本場所中などの外出禁止期間に合計25回にわたって女性と会うために不要不急の外出を繰り返していたという。高田川部屋では昨年4月に新型コロナの集団感染が発生し、5月には竜電の弟弟子で元付け人の三段目力士が死去した。悲劇が起きた後も、竜電は感染の拡大リスクがある行動をしていたことになる。

 行動の詳細については明かされなかったものの、一部週刊誌は「不倫密会疑惑」を報道。相撲協会も「無自覚で軽薄な行為は許し難い」「相撲道に反する」などと厳しく断じた。ただ、角界内では元小結の幕下阿炎(27=錣山)の処分(3場所出場停止、5か月の報酬減額50%)との比較から、竜電の処分が「軽い」との見方もある。

 阿炎は外出禁止期間中のキャバクラ通いが処罰の対象となったが、その回数は4回。関係者からは「25回も外出して、この処分は甘すぎる」「基準がよくわからない」と疑問の声が相次いだ。

関連タグ: