【夏場所】物言いで一変! 照ノ富士が遠藤に敗れて2敗目 優勝決定は千秋楽に持ち越し

2021年05月22日 20時15分

審判団の話し合いを土俵下で見守る照ノ富士(中)

 大相撲夏場所14日目(22日、東京・両国国技館)、大関に復帰した照ノ富士(29=伊勢ヶ浜)は、幕内遠藤(30=追手風)に敗れ、優勝決定は千秋楽に持ち越された。

 勝てば2場所連続優勝が決まる一番だったが、遠藤にもろ差しで攻め込まれ、なんとかこらえて土俵際で投げの打ち合いとなり、軍配は照ノ富士に上がった。しかし物言いがつき、協議は3分ほど要するほど難航。幕内後半の審判長を務めた師匠の伊勢ヶ浜親方(60=元横綱旭富士)は場内アナウンスで「軍配は照ノ富士に上がりましたが、照ノ富士のヒジが先についており、差し違えで遠藤の勝ちといたします」と説明した。

 千秋楽は2敗の照ノ富士が3敗の大関貴景勝(24=常盤山)、3敗の遠藤が大関正代(29=時津風)と対戦。3敗で3人が並んでともえ戦になる可能性も出てきた。

関連タグ: