【大相撲】「平成生まれ初の関取」舛ノ山が引退会見 国指定の難病に悩まされていた

2021年05月22日 15時58分

引退会見を行った舛ノ山(右)と師匠の常盤山親方(両国国技館)

 大相撲夏場所14日目(22日、東京・両国国技館)、元幕内舛ノ山(30=常盤山)が、オンラインで引退会見を行った。

 5、6年前から腰のしびれや違和感があり、国指定の難病「後縦靭帯骨化症」と判明。最近は症状が悪化し、稽古どころか歩く時にもしびれを感じていたという。「まわしを締めるとしびれがひどくなる。相撲が取れない以上は引退するしかないと思い、決意した」

 2006年名古屋場所で初土俵。10年九州場所には新十両に昇進し、関脇高安(31=田子ノ浦)とともに平成生まれ初の関取として注目を集めた。

 舛ノ山にとって高安は意識する存在だったようで、思い出の一番に12年秋場所千秋楽の高安戦を挙げ「7勝7敗で勝って、勝ち越した一番が思い出に残っている」と語った。

「今後は体の治療を優先して、次への道を進んでいきたいと思います」と舛ノ山。約15年間の現役生活にピリオドを打った。

関連タグ: