【夏場所】大関復帰・照ノ富士が全勝キープ「場所の半分もいっていない。これから」

2021年05月15日 19時30分

無敗をキープした照ノ富士

 大相撲夏場所7日目(15日、東京・両国国技館)、大関に復帰した照ノ富士(29=伊勢ヶ浜)が関脇隆の勝(26=常盤山)をはたき込んで初日から7連勝。幕内で唯一の全勝をキープした。

 過去1勝2敗と苦戦していた相手を下した取組後は「良かったと思います。(毎日)やることは変わらないので、精一杯やっているだけ」と納得の表情を浮かべた。この日は4大関が揃って白星を挙げたが、強さは頭一つ抜けている印象。15日間の折り返しを前に「(場所の)半分もいっていない。これからです」と気を引き締めた。

 幕内後半の審判長を務めた高田川親方(54=元関脇安芸乃島)は「すごく気合が入って充実している。(中日以降も)今までのように前に出て圧力をかけていけば、このままいくのでは」と話した。

関連タグ: