【夏場所】「もう一度番付を上げたい!」新米パパ・高安 愛娘誕生で大関復帰へスイッチオン

2021年05月12日 06時15分

危なげなく明生(右)を下し、3連勝を飾った高安
危なげなく明生(右)を下し、3連勝を飾った高安

 大相撲夏場所3日目(11日、東京・両国国技館)、元大関の関脇高安(31=田子ノ浦)が幕内明生(25=立浪)を一方的に押し倒して3連勝。会心の内容に「いい流れで攻めることができた。イメージ通り」と納得の表情だ。春場所は終盤で失速しながらも10勝5敗で大関復帰の起点とした。その高安の原動力になっているのが、2月に誕生した長女の存在だ。

 妻で演歌歌手の杜このみ(31)が故郷の札幌で出産したためしばらく会うことができなかったが、念願の対面が実現。「(育児は)妻と協力して、できることは手伝っています。出産には立ち会えなかったが、実際に抱いてみて感動したし、もう一度番付を上げたいと思った」とパパの自覚を口にした。家族のためにも大関返り咲きと悲願の初優勝を果たしたいところだ。

関連タグ:

ピックアップ