【夏場所】竜電が新型コロナ対策のガイドライン違反で全休 芝田山広報部長「処分対象の可能性」

2021年05月07日 20時00分

竜電

 大相撲夏場所(9日初日、東京・両国国技館)を控えた7日、日本相撲協会の芝田山広報部長(58=元横綱大乃国)が電話取材に応じ、休場した幕内竜電(30=高田川)について、協会の新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反する行為があったことを明らかにした。

 師匠の高田川親方(54=元関脇安芸乃島)がこの日までに協会に申し出たという。芝田山部長は「ガイドラインに抵触する行為があった。内容は分からない。処分対象になる可能性があるため、師匠の判断で休場させるということ。詳細については調査中」と説明した。

関連タグ: