【大相撲】新たに幕下以下の力士1人が新型コロナの陽性反応

2021年04月16日 17時42分

芝田山広報部長

 日本相撲協会の芝田山広報部長(58=元横綱大乃国)は16日、幕下以下の力士1人に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明かした。

 芝田山部長は「力士は帰省中で、部屋に帰ってくる前にPCR検査を受けたところ陽性と判定された。(症状など)詳しいことは協会に連絡はありません。当該の力士は帰省中のままで部屋には帰ってきておらず、その部屋の(他の)力士らが検査を受けることはない」と説明した。

 相撲協会は13日にも今回とは別の部屋で幕下以下の力士1人が新型コロナに感染したことを発表していた。